血が、たぎるとき人は

パチ、パチ、パチ?
 

 

 
バン、バン、バン?
 

 

 
うーん
 

 

 
やっぱり違う❣️ 

 

 

第1試合にシングルで
 

 

 
オカダカズチカ のコールが響いてる。
 

 

 
第2試合もシングルで内藤選手が登場する。
 

 

 
2021.08.01の
 

 

 
新日本プロレス後楽園ホール大会、
 

 

 
第1試合は上村優也選手
 

 

 
第2試合は辻陽太選手の
 

 

 
壮行試合が組まれ
 

 

 
#オカダカズチカ 選手、
 

 

 
#内藤哲也 選手の登場となったわけで、
 

 

 
第1試合終了後
 

 

 
オカダカズチカ 選手の
 

 

 
放ったドロップキックは
 

 

 
カッコよかたったすよね〜😊
 

 

 
第1試合から熱気が凄い❣️
 

 

 

ソーシャルディスタンスは
 

 

 
キチンととられているが、
 

 

 
後楽園ホールの一番上まで
 

 

 
お客さまが座って観戦してるのは
 

 

 
久しぶりにみた気がして嬉しい気分になり
 

 

 
M.GIGIE.com初号機も高揚してくる。
 

 

 

しかし、手拍子を
 

 

 
文字におこすとパチ、パチ、パチ
 

 

 
が適切なのかもしれない。
 

 

 
が、
 

 

 
あの熱気のこもった手拍子は
 

 

 
表現しきれてないと思う。
 

 

 

プロレスと声援、
 

 

 
会場の一体感、盛り上がり
 

 

 

 

 

 
レスラーのパフォーマンスをより引き出し
 

 

 
来場されたファンの方々も一緒により興奮し
 

 

 
非日常な世界へ一緒に
 

 

 
溶け込んでいくもの、だと思います。
 

 

 

勝手な #MGIGIEcom初号機 の
 

 

 
プロレス解釈を述べさせていただくと
 

 

 
本来、人は他人のケンカを少し遠くから
 

 

 
観ることが好き❣️
 

 

 
自分は痛い思いはしたくないけど、
 

 

 
観てるだけでも興奮してしまう。
 

 

 
そんな本能がM.GIGIE.com初号機には
 

 

 
あるような気がします。
 

 

 
昭和の金八先生が始まる少し前ぐらいまでは
 

 

 
金曜夜8時は
 

 

 
新日本プロレス、アントニオ猪木を
 

 

 
親父と一緒に観てた。
 

 

 
タイガージェットシンを
 

 

 
やっつけてくれるアントニオ猪木が
 

 

 
最高カッコ良かったし、
 

 

 
気分がスカッとした記憶があり、
 

 

 
猪木信者の出来上がりですよね〜😊
 

 

 

ここからは想像なんですが
 

 

 
棚橋選手、オカダ選手の
 

 

 
ファンの方からみた
 

 

 
鈴木みのる、鈴木軍は
 

 

 
内蔵の奥の方から湧き上がる
 

 

 
感情が出てきてしまう
 

 

 
ヒールなのかな?
 

 

 
と思うんすよね〜
 

 

 

プロレスって本来、
 

 

 
下世話なものだし、
 

 

 
血がたぎるものだとも
 

 

 
思います。
 

 

 
つまり何が言いたいか?
 

 

 
というと
 

 

 
野次、ブーイング👎の無い会場が
 

 

 
違和感だらけで、
 

 

 
本来、拍手、手拍子って声援、賞賛は
 

 

 
送れるけど
 

 

 
野次やブーイング👎などのような
 

 

 
否定的な表現ができない!
 

 

 
応援方法で限界を感じます。
 

 

 

まだタイチ選手が
 

 

 
こずるかった
 

 

 
ころ
 

 

 
鈴木軍のセコンドに
 

 

 
タイチ選手が現れただけで
 

 

 
タイチは帰れ!パン!パパッパ!パン!
タイチは帰れ!パン!パパッパ!パン!
 

 

 

 

 

 
野次的コールが鳴り響き、
 

 

 
会場が盛り上がる光景が今では
 

 

 
懐かしく思い出されます。
 

 

 
ヒールにとって野次、ブーイング👎
 

 

 
を浴びることは
 

 

 
賞賛であり
 

 

 
存在意義の証明であると思います。
 

 

 

半年ぐらい前、
 

 

 
飛行機で向かった地方の会場で
 

 

 
1日目のメインの最終盤
 

 

 
ファンの方が思わず?
 

 

 
内藤〜〜❣️❣️❣️
 

 

 
と叫んでしまい
 

 

 
それにつられた
 

 

 
3.4人の方も叫んでいました。
 

 

 
それほど白熱した試合で
 

 

 
思わず、ココロの叫びが
 

 

 
チャックしていたはずの口から
 

 

 
飛び出した!
 

 

 
と思いました。
 

 

 

楽観的なM.GIGIE.com初号機は
 

 

 
来年の今ごろには、もう少し早いかな?
 

 

 
大声を出して、応援し、ヤジを飛ばし
 

 

 
ブーイング👎して
 

 

 
より一層興奮に包まれた会場で
 

 

 
ファンの方々と一緒に
 

 

 
プロレスを楽しめる日を
 

 

 
楽しみにしています❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です